MVNOとは?

mvno

MVNOってなに?

 
MVNOは無線通信インフラを自社では持たずに、NTTドコモなどの回線を借りて通信のサービスをする事業者のこと。
スマートフォンでMVNOを利用する場合はMVNOの事業者と契約して、SIMカードを手に入れます。

最近ではMVNOと格安シムは同じ意味合いで使われることが多いです。(厳密には違いますが)

ほとんどのMVNOはNTTドコモの回線を借りているので、SIMロック端末であってもNTTドコモの端末なら利用できる場合が多いです。

なぜMVNOは安いのか

 
今まで大手のキャリアは通信の施設や店舗の展開などに多額の費用をかけてきました。
MVNOは必要な分だけ回線を借り、さらにほとんどのMVNOは店舗も持ちません。

経費を最大限抑えているため、料金を安く設定できます。

MVNOはつながりにくい?

 
ほとんどのMVNOはドコモの回線を使っています。
エリアやつながりやすさはドコモと同じです。

キャリアと比べMVNOの品質は?

スマートフォンでMVNOを使うには、サービスを提供する事業者と契約し、SIMカードを手に入れる必要がありますが、この時、どの通信会社のSIMカードでも利用できる「SIMフリー端末」であることがベストです。

ただし、国内のMVNO事業者の多くが、ドコモの3G通信「FOMA」と、LTE通信「Xi」という回線を借り受けてサービスを提供しています。これらの規格に対応したSIMフリー端末や、SIMロック端末でもNTTドコモの端末であれば、MVNOが提供するサービスを原則的に利用できることになります。

MVNOだから3大キャリアなどと比べて品質が劣るのではと思う人もいるかもしれませんが、そんなことは決してなく、むしろキャリアの通信網を利用したサービスであるため、全国に広く敷設された高品質なネットワークを利用することができるのです。つまり、低価格で運用できるMVNOであっても、その品質はキャリアとは変わらないと言えます。

MVNOのデメリット

 

  • キャリアメールやキャリア決済のサービスが使えなくなる。
  • 通話のかけ放題通話プランがない。

キャリアのメールは使えませんが、GmailやLINEなどは使えます。
また、電話料金を半額にするアプリがありますし、データ通信専用シムでも電話ができるIP電話アプリもあります。
さらに格安シムとセットで高性能のスマホも格安スマホとして、各社で用意されています。

MVNOのメリット

 

  • 月額料金を安く抑えられる。
  • 通話品質や対応エリアはドコモと同じ。
  • たくさんのMVNOサービスから自分に会うサービスを選べる。

多くのMVNOではプランの変更を途中でできます。
また、違約金無しで解約もできるので、気に入ったMVNOを見つけるために試してみることをお勧めします。