SIM(シム)フリーとは?

simfree2

SIM(シム)フリーとは
「SIMフリー端末」をさす場合と
「simロック解除」をしてSIMフリー化したスマホをさす場合があります。

どちらにしても、SIMフリーなら、SIMカード1枚でいろんな端末を使うことができます。

SIMフリー端末

SIMフリー端末は、SIMカードなら種類を選ばず使えるスマホなどのことです。
人気の格安スマホや、アップルで販売されているiphone端末などです。

SIMロックされた端末は、いろいろ利用者にとって不便な点があります。
普段使っている端末を海外に持って出かけて現地のSIMをセットしても使えません。

総務省は2010年SIMロック解除の方針を打ち出し、大手キャリアも同意しました。
今ではどのキャリアでも要望があればSIMロック解除に応じてくれます。

ただし、良いことばかりではなさそうです。
大手キャリアのサービスはSIMフリー端末では利用できなかったり、端末が故障した場合の対応など今後問題が出てきそうです。

しかしSIMフリーのiphone端末などは、販売しているアップルストアで対応してくれますし、格安シム業者が販売しているシムと端末のセットプランなどでは、事業者が対応してくれます。

この業界が活気づけば、今後さらにサービスの向上にもつながることが期待できます。

格安スマホ

kakuyasusumaho2

格安シムとSIMフリーのスマホをセットしたものが「格安スマホ」です。
格安シム業者が用意している格安スマホは、端末の動作保証がされていますので、とても安心できます。

SIMフリー端末を使うメリット
  • 格安シムカードを使えるので、通信料を大幅に下げることができる。
  • 海外でも今持っている端末を利用できる。
  • 同じシムカードで複数の端末を利用できる。
  • スマホには通話シムをセットし主に電話として使用、タブレットにはデータシムをセットして通信コストを節約。
  • 端末の価格が大手キャリアより安い。
  • 2年契約や縛りがない。違約金も発生しない。
  • 中古の安い機種も選択肢に入る。
SIMフリー端末を使うデメリット
  • 店舗でのアフターサービスが受けられない (メーカー保証や有料で保証プランはある)
  • 初期設定を自分で設定する必要がある(特に難しいわけではない)
  • キャリアメールが使えない(GmailやLINEで対応できる)
  • 大手携帯キャリアは、通話し放題が当たり前だが、格安シムはプランや事業者によって違う。
  • 家族間の無料通話サービスがない。
  • キャリアのサービスで使えないものがある。
  • クレジットカードがないと契約できない事業者もあって不便。

メリット、デメリットを理解した上で自分の使い方にあったプランを選べばSIMフリーの端末を楽しく便利に使えます。

SIMフリーのiPhoneの場合

SIMフリーのiPhoneは、一括購入だけでなく、分割払いでも買えます。
クレジットカードでの分割払いや、アップルが提携しているオリコのAppleローンを利用した分割払いが可能です。

iPhone 6s/6s PlusのシムはnanoSIMサイズです。
SIMフリーなので、格安シムだけではなく、大手キャリアでも利用でき、2年縛りや解約違約金などの心配も不要です。

iPhone 6/iPhone 6 Plusに対応しているMVNOは主に

IIJmio
BIGLOBE LTE・3G
Umobile
OCN モバイル ONE
mineo
DMM mobile

などです。

シムフリーのタブレット

タブレットでネットに接続する場合、2つのタイプがあります。

一つはWifi(ワイファイ)接続で使うものです。

Wifiはモバイルルーターを使ったり、マクドナルドなどにある無線LAN、あるいは家庭内でルーターを置いて無線でスマホやタブレットをネットにつなぐものです。

rooter

二つめはスマホと同じように、タブレットにシムカードを差し込んでネットにつなぐ方法です。

シムカードタイプは持ち歩くのに便利ですし、ルーターなど余計な機器が必要無いので楽です。

今のところタブレットは圧倒的にWifiタイプが多いのですが、シムフリーのタブレットもそれなりに販売されています。

シム業者がシムカードとセットでタブレットを販売しているところは非常に少ないです。
あっても画面が7から8インチがほぼすべてで、せいぜい楽天モバイルが扱っているZenPad 10がある程度です。(楽天モバイルのことで、楽天ではたくさん売られています。)

それも通常の製品より多少スペックが落とされています。

画面のサイズから言いますと、10インチのタブレットが見やすさや重量など持ち歩きやすさも含めて使いやすいと思います。

いろんなタブレットからぴったりのものを選ぶのなら、アマゾンや楽天ショップ、アップルストアなどで買えます。

ASUS タブレット ZenPad 10は私が今いいかもと感じているのですが、アマゾンで3万円ほどで売られています。

ZenPad

スマホと変わらないです。
他のタブレットはだいたい5万から10万のあいだぐらいですね。