プレフィックスサービスで通話料金を安くできる

格安シムを使えば、データ通信は破格の安さになります。
問題は通話の料金です。

通話シムで普通に電話をした場合は、大手キャリアのようなかけ放題プランもなく、うっかりすると割高になってしまいます。

「プレフィックスサービス」は通話の料金をほぼ半額にできるサービスです。
最近ではほとんどの格安シムで、オプションとしてアプリやかけ放題が用意されています。

これ、知らなかったら大損ですよ!

通話料金を安くする方法

通話料金を安くする方法は、大きく分けて2種類あります。

先ほどの「プレフィックスサービス」と「IP電話」方式です。

それぞれの特徴は

プレフィックスサービス
・電話回線を利用
・普段使っている電話番号のままで発信可能
・通話の品質はよい
・安定している
・IP電話よりは通話代金は高い

IP電話
・インターネット回線を利用
・電話番号はIP電話専用のもの
・緊急通報等3桁の番号への発信不可

各社で用意されているオプション

 mineoの通話サービス

●mineoでんわ
mineolalacall

音声通話と同じ電話番号で、10分かけ放題プランも選べる!

専用アプリmineoでんわで20円/30秒の国内通話料が半額の10円/30秒でかけられます。

10分かけ放題プランは月額料金850 円で選べます。

●LaLa Call(ララ・コール)

050IP通話アプリ 月額基本料100円

月額100円でもう一つ電話番号がもらえて、通話料も固定電話並みの安さ!
mineoで使う場合は、データ容量が消費されません。
しかも100円分/付きの無料通話がついています。

LaLa Call同士なら通話料がいつでも無料

 IIJmioの通話サービス
miophonedial

●みおフォンダイアルアプリで誰とでも通話料が50%オフ

1回の通話が短い人向け
誰とでも3分以内何度かけても 月額600円

1回の通話が長い人向け
誰とでも10分以内何度かけても 月額830円

 b-mobileの通話サービス
bmobiledenwa

●b-mobile電話アプリ

通話料 10円/30秒(通常の半額!)

通話定額オプション

ドコモ回線 1通話あたり、3分まで無料(1日50回まで)

ソフトバンク回線(b-mobile S) 1通話あたり、5分まで無料(1日何度でも)

 イオンでんわの通話サービス

iondenwa2

イオンモバイル公式アプリ「イオンでんわ」を利用することで、音声通話料が半額になるサービスです。
国内通話の場合、一律10円(税抜)/30秒で利用できます。

イオンでんわ10分かけ放題 月額 850円
10分以内の国内通話がかけ放題になるサービスです。

050かけ放題 月額 1,500円

050IP電話サービスを利用した、電話かけ放題サービスです。
国内であれば24時間、何時間でも通話し放題!
データ通信のみのプランでもご利用できます。

 LINEモバイル
linedenwa

●10分電話かけ放題
通話アプリ「いつでも電話」からの発信で、だれとでも何度でも10分以内の電話がかけ放題に。
月額880円

 OCN モバイル ONE
ocndenwa

●10分までかけ放題の定額オプション

国内通話が1通話10分以内なら
何度でもかけ放題で月額850円(税抜)
かけ放題を選ばない場合は通話料金が50%OFF!


プレフィックスとIP電話の組み合わせがお勧め!

プレフィクスとIP電話はそれぞれ長所短所があります。

2つのサービスを組み合わせることで、それぞれの短所をカバーできます。

相手に格安シムや格安スマホの電話番号を知らせる必要が無いときはIP電話は通話料を安くできます。

固定電話に電話するのが多いのか、ケイタイにかけることが多いのか、自分の番号を通知しなくてもいいのかなど自分の使い方にあったサービスを選んで使うのがいいと思います。

格安シムに2種類のアプリを用意して、サービスを選択して利用するのが最もおすすめの使い方です。