プレフィックスサービスで通話料金を安くできる

格安シムを使えば、データ通信は破格の安さになります。
問題は通話の料金です。

通話シムで普通に電話をした場合は、大手キャリアのようなかけ放題プランもなく、うっかりすると割高になってしまいます。

「プレフィックスサービス」は通話の料金をほぼ半額にできる無料のサービスです。
これ、知らなかったら大損ですよ!

通話料金を安くする方法

通話料金を安くする方法は、大きく分けて2種類あります。

先ほどの「プレフィックスサービス」と「IP電話」方式です。

それぞれの特徴は

プレフィックスサービス
・電話回線を利用
・普段使っている電話番号のままで発信可能
・通話の品質はよい
・安定している
・IP電話よりは通話代金は高い

IP電話
・インターネット回線を利用
・電話番号はIP電話専用のもの
・緊急通報等3桁の番号への発信不可

主なプレフィックスサービス

「楽天でんわ」

「楽天でんわ」は電話するごとにポイントがたまります。
30秒当たり10円

5分以内の国内通話なら何度でもかけ放題のオプションが登場しています。
rakuten5fun2

「G-Call」

G-Callは非課税で消費税の分安い。
NTTの固定電話に通話した場合、相手に電話番号が通知されない。
30秒当たり10円

「みおふぉんダイアル」

IIJのシムユーザー限定
「ファミリー通話割引」と併用できるので30秒8円(mio同士の場合)

miophone


プレフィックスとIP電話の組み合わせがお勧め!

プレフィクスとIP電話はそれぞれ長所短所があります。

2つのサービスを組み合わせることで、それぞれの短所をカバーできます。

IP電話では緊急時に110番や119番にかけられませんが、プレフィックスの「楽天でんわ」はできます。

相手に格安シムや格安スマホの電話番号を知らせる必要が無いときはIP電話は通話料を安くできます。

固定電話に電話するのが多いのか、ケイタイにかけることが多いのか、自分の番号を通知しなくてもいいのかなど自分の使い方にあったサービスを選んで使うのがいいと思います。

格安シムに2種類のアプリを用意して、サービスを選択して利用するのが最もおすすめの使い方です。